ジェフサセントラル 暮らし、見つめて、考えて、家具とインテリアのジェフサセントラル。
新着情報プライバシーポリシーサイトマップ
会社案内 ジェフサ加盟店 商品紹介 インテリアコーディネート お問い合わせ リンク ジェフサセントラル トップページ
ジェフサセントラル コンテンツ一覧
ブライダル家具
家具選びの予定表 この特集では、主にご婚礼用のタンスや家具についての質問と答えを
掲載しています。

スケジュール&予算
質問 家具はいつ頃買えばいいのかな?
新居が決まってからでは遅いの?
回答 本当に納得のいく一生使える収納セットを、と考えるなら、搬入予定日の60〜80日前に発注する必要があります。なぜなら、良心的な店では、原則として発注してから生産をスタートするからです。それには、お客様の要望に応じて機能の仕様変更や追加変更に応じるためと、ブライダル家具はなんといっても真新しいものを、という理由があるからなのです。確かに時間さえあれば、こんな機能を追加したい、違うカラーに変更したい、などの要望に応じてもらえます。それに、最近の収納セットは4.5畳か6畳にピッタリ納まるように設計されているので、サイズの点では心配いりません。高さの調整も、4〜8cm程度なら工場出荷段階で可能です。

質問 予約金ってなに?
どうして必要なの?
回答 ブライダル家具は、原則として契約が成立してからメーカーに生産を発注します。だから、出来あがってきた家具をお店が間違いなく引き取りますよ、という証拠として予約金が必要なのです。予約金は、お店によって違いますが、だいたい購入金額の10〜30%程度を見込んでおいてください。

質問 支払い方法は選べるのかな。
クレジットやローンでもかまわない?
回答 ブライダル家具の代金は、購入の契約をした時に10〜30%程度の予約金を支払ったあと、残りは納品までに支払うことになっているケースがほとんどです。予約金以外は現金、クレジット、ローン、代引きなど、いろいろな支払い方法を選べるのでご安心を。


新居のスペース
質問 収納セット以外の家具も、
同じお店で買ったほうがいいのかな?
回答 新居に置く家具がコーディネートされていると、新居は快適なスペースになるし、逆にアンバランスだと落ち着かない新居になってしまいます。収納セットを選ぶときは、ほかのアイテムも十分そろったお店で、コーディネートも考えながらチョイスしていくほうが合理的。カラーやデザインを統一したシリーズでそろえれば、スペース内にきれいに納めることができます。もちろん、購入金額が大きくなれば、いろいろなサービスも期待できるし、配送も一度にできてセッティングなども安心。

質問 おしゃれな新居にしたいんだけど、
お部屋のイメージはタンスの色と関係アリ?
回答 インテリアコーディネートのコツは、体積の大きなタンスの色を決めることから始まるといわれています。新居の部屋をどんなイメージにしたいかで、タンスの色も考えてみましょう。たとえば、ナチュラルカラーなら狭い部屋を広く見せる効果があり、明るいイメージに。ライトブラウンならモダンな雰囲気。ダークブラウンならシックな感じになります。また、ワインカラーの家具を置くと、お部屋全体がゴージャスに。さらに、ホワイト、レッド、ブラックなどのカラーで統一するとシンプルなお部屋づくりができます。

質問 まだ部屋が決まっていないの。
高さや間取りがわからないから、家具も選べないよね?
回答
部屋の形式というのは、実は建築基準法で決められています。たとえば、4畳半では一辺の長さが2.5m以上、6畳では短いほうで2.5m以上、長いほうで3.5m以上、高さは2.4m以上、といった具合。
もちろん、最近の収納セットはこの基準に合わせて設計されているから、サイズの心配はありません。また、これから新居を探すなら、先に冷蔵庫や収納セットなどの大型商品のサイズをある程度知っておくほうが、なにかと便利。新居を決める前に、ぜひ大型商品の下見をしておくことをお勧めします。

質問 新居のマンションにはクローゼットがついてるの。
だから、タンスはいらないよね?
回答 クローゼットの機能は、あくまで吊して収納すること。つまり、コートやワンピースの収納には最適だけど、Tシャツやセーター、タオルなど、たたんでしまう整理タンスの機能までは充実してないケースが多いのです。和服があればなおさら。高価で使用頻度の低い和服は、耐水性のある桐の衣装盆に収納する必要があります。それに、平均的なクローゼットのパイプ1本に吊せる量は、洋服が10着程度。二人分の洋服を収納するには、ちょっと不足かもしれませんね。クローゼットの収納力と、二人の持ち寄る衣類の量と種類を検討して、どんな家具が必要か不必要かをチェックしてください。

質問 マンションによっては、
収納セットが入らない場合もあるって聞いたけど、ホント?
回答 3点セット、4点セットなどの標準セットは、マンションの部屋を想定して設計しているから、まず大丈夫です。ただし、洋服タンスを大型にした場合や、ワイドタイプの整理タンスを選んだ場合は、マンションによっては入りにくい場合もあるかも。もっとも、通路や玄関が狭くて運びこめない場合でも、大型商品は小さく分解して搬入できるように設計されているからご安心を。また、大型店では家具配送のベテラン社員が揃っているので、高層階への吊り上げ搬入なども心配いりません。



家具店の下見
質問 家具店ってたくさんあるけど、
よい店の見分け方なんてあるの?
回答 新生活のスタートには、収納セット以外にもさまざまな種類の家具が必要です。だから、収納セットはもちろんのこと、ダイニング、リビングなど、家具の種類が豊富なことが、まずは絶対条件。次に、下見を積極的に勧めてくれること。買わないならどうでもいい、みたいな冷たい対応の店はもってのほか。そして、家具選びの相談に対して、親切にアドバイスしてくれる人がいること。そのために、カタログや資料が豊富に用意されている店ならいうことなし。遠慮せずにどんどん相談してみましょう。

質問 知り合いの家具店があるんだけど、
そこで買ったほうがいいの?
回答 新生活のための家具選びは、難しいもの。もしも、親戚同然の家具店があるなら、いろいろな相談に親切に答えてくれるでしょうから、そこで購入することをお勧めします。ただ、収納セットだけでも1万機種もあることをご存じですか?なるべくたくさん見て、自分たちにぴったりの商品を探すことがなにより大切。知り合いなら気軽に相談できる利点があるけど、反面、気にいらなかった場合に、なかなか断りにくいということも。多くの店を比較検討するくらいの積極性で、家具選びにのぞんでください。

質問 展示会へ行ったら、住所や名前を書いてほしいと
言われちゃった。書かなきゃダメ?
回答 展示会では、「カタログをお届けします」と言って、住所や名前をお聞きする場合があります。これは、カタログやセールの案内を郵送するためのほか、後で訪問することも考えて必要だからです。もっと詳しいことを聞きたい、お得なイベントなどがあれば案内状がほしい、と思えば書いたほうがいいでしょう。もちろん個人情報なのですから、販売員の感じが悪かったり、そのお店にはもう行きたくないと思えば、キッパリ断ってもいいのです。


家具選び
質問 収納家具って、
セットでしか買えないの?
回答 洋服、整理、和タンスの3点セットと、それにブレザータンスを加えた4点セットが中心になっていますが、これはあくまでも参考例。洋服タンスだけでも開き戸タイプ、スライドタイプ、さらにサイズ違い、カラー別などで10〜15種類も用意されています。整理タンスもハイタイプ、ワイドタイプなどがあり、収納セット1セットあたりの商品バリエーションは、びっくりするほどたくさん。もちろん、1品ずつの単品でも購入できるので安心して。下見のときに、展示していない商品の種類を販売員に聞いて確かめたり、カタログでチェックしておくこと。

質問 家具選びってむずかしそう。
家具の情報はどういうふうに集めたらいいの?
回答 なんといっても、最近結婚した友人知人に聞いてみるのが一番。実際に、家具選びに頭を悩ませた経験者だから、役立つ情報がいろいろ聞けそう。できれば新居も拝見して、どんな基準で選んだか、どこがむずかしかったか、反省点は、などたっぷりインタビューしたいところ。また、家具店に電話してカタログや資料を送ってもらうのも手っ取り早い方法。さらに、実際に家具店に行って販売員に相談してみてください。家具の専門家だけに、詳しいお話が聞けますよ。

質問 家具ってホントに価格差が激しいけど、
高級な家具と安い家具っていったいどこが違うの?
回答 たとえば自動車のことを考えてみてください。同じ2000ccの5人乗り乗用車でも、150万円ぐらいから600万円ぐらいまでの価格差がありますよね。それは、走りの性能や乗り心地、安全性など、高級車ほど目に見えないところにまで工夫を凝らしているから。家具だって同じです。材質、機能、内部の造り、使用している金具類など、高級品はすべてにおいてグレードが違います。使用するときの感触、安心感、長年使っていても変わらぬ狂いの少なさ。いいものを使っているという誇りが、自然とわいてくるほどです。使えば使うほど違いが出てくる、これが商品の価格差に表れているのです。

質問 タンス選びの
ポイントを教えて。
回答 まずは、持ち寄る衣類の量と種類をしっかり確認。次に収納量と収納力をチェックしてください。そして、新居の形態とライフスタイルでタンスのタイプを決めます。さらに、機能を調べて色とデザインを決定。あとは予算の範囲内で、以上の条件を満たす商品を探しましょう。