ジェフサセントラル 暮らし、見つめて、考えて、家具とインテリアのジェフサセントラル。
新着情報プライバシーポリシーサイトマップ
会社案内 ジェフサ加盟店 商品紹介 インテリアコーディネート お問い合わせ リンク ジェフサセントラル トップページ
ジェフサセントラル コンテンツ一覧

ベッドルーム

1) ベッドルームの基本サイズを理解しましょう。

ベッドルームの基本サイズを理解しましょう。 イメージ ベッドのサイズはメーカーやデザインによってまちまちです。標準サイズをしっかり押さえてタイプをあらかじめ知っておくのが賢い方法です。本来ならシングルベッドにひとりずつ寝るほうが安眠できるんだけど、そのためにはかなりのスペースが必要です。さらに寝室にはチェストなど収納家具がつきもの。引出しや扉がベッドにぶつかるようでは意味がありませんよね。
  1. シングルサイズ(100 X 195cm)
  2. セミダブルサイズ(105〜130 X 195cm)
  3. ダブルサイズ(130〜150 X 195cm)
  4. ワイドダブルサイズ(130〜160 X 195cm)
  5. ワイドダブルロングサイズ
    (150〜160 X 200〜230cm)


2) ダブルベッドを置く場合

2) ダブルベッドを置く場合 イメージ ダブルベッド約150×200cmで考えてみましょう。周りにはこれくらいのスペースがほしいものです

江戸間(6畳)352×261cmでプラン1

ダブルベッドとスライド洋服タンスの組み合わせ

スライド式の収納なら開閉スペースが少なくてすむのでこんな置き方だって可能です。

江戸間(6畳)352×261cmでプラン2 イメージ

江戸間(6畳)352×261cmでプラン2

ダブルベッドと収納家具と鏡台の組み合わせ

ベッドの片側をほぼ壁につけると、 収納周りの出し入れがラクになってドレッサーまで置けます。



3) ツインベッドを置く場合

LIVING-DINING イメージ

江戸間(6畳)352×261cmでプラン3

−ツインベッドと収納家具との組み合わせ

ここではシングルベッド(100×195cm)2台の場合で考えてみます。
足元にゆとりがあり、落ち着いたベッドルームが作れます。
ナイトテーブルに照明器具を置いて雰囲気を作ってはいかがでしょう。